本文へ移動
“Instagram” やっています
当事業団の情報をより多くの皆様に知っていただくため、インスタグラムのアカウントを開設しています!
採用情報など、随時お伝えしていきます!
 
  ↓詳しくはこちらをクリック↓

施設紹介

施設の運営方針

はまなし寮は、利用者の意思と人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、 利用者本位の生活支援と社会活動への参加への支援を行います。職員一丸となって、施設サービスの向上をしていきます。

施設の概要

開 所 :
1996年(平成8年)4月1日
設置主体 :
社会福祉法人 山梨県社会福祉事業団
経営主体 :
社会福祉法人 山梨県社会福祉事業団
種 別 :
障害者支援施設
敷 地 :
10,186.25m2
建 物 :
鉄筋コンクリート造 平屋建(1,939.37m2
居 室 :
1人部屋[10室]/2人部屋[20室]
短期入所1人部屋[1室]/2人部屋[2室]
利用定員 :
入所支援50人/生活介護55人/短期入所(日中一時支援含)5人

沿革

2022-03-30
感染症発生時の隔離エリアの確保のため、居室5部屋にスライドドアを設置
2021-01-15
感染症対策として感染者用ユニットハウス、感染症対策備品庫を設置
2019-06-30
全居室に冷房設備設置
2019-06-01
九代目寮長に田口芳樹氏就任
2018-05-31
特定相談支援事業所・障害児相談支援事業所閉鎖                   ※特定相談事業所 きぼうの家と統合
2018-02-07
浴室改修・大風呂を、檜製の個浴槽2槽に改修
2017-01-29
機械式介護浴槽更新
2016-06-01
食堂及び居室10室にエアコン設置
2015-09-01
富士五湖まちかど救急ステーション標章が交付される
2014-09-30
富士吉田市と福祉避難所協定を締結
2013-06-01
八代寮長に井上央氏就任 
2013-04-01
はまなし寮における富士山噴火避難計画策定 
2013-04-01
特定相談支援事業所及び障害児相談支援事業所開設
2013-02-20
はまなし寮における富士山噴火避難計画策定
2012-04-01
「障害者支援施設 はまなし寮」に名称変更
2010-06-01
七代寮長に原田広幸氏就任
2008-06-01
六代寮長に保坂辰男氏就任
2005-04-01
山梨県から建物が事業団へ移管(事業団の民営化)
2004-04-01
五代寮長に藤田広輝氏就任
2004-02-04
居室でのインターネット接続利用開始

施設の特徴

  • 身体障害者療護施設から始まった施設なので、車椅子生活に適した環境です
  • 富士北麓の自然に囲まれた立地で、森林浴(マイナスイオン効果)が楽しめます
  • 各居室エアコン完備、さらに全館床暖房で真冬も寒さ知らずに生活できます
  • 全室南向きで個室又は2人部屋、平屋で掃き出し窓のため災害時の避難も迅速に行えます
  • 協力病院は隣に位置する山梨赤十字病院
  • 県内6施設の運営をしている法人で職員教育が充実、安心のサービスを提供しています
  • 富士山噴火時の避難訓練、防災BCPを充実させています

職員構成

施設長(1)      事務員(1)   サービス管理責任者(1)   看護職員( 3 )
栄養士(1)      介護職(生活支援員)( 27)    嘱託医師( 4 )     理学療法士(1)  

施設設備

【食堂】
【ふれあいルーム】
【機能訓練室】
【檜製 個浴槽】
【機械式介護浴槽】
【洗面所】
【トイレ】
【居室(1人部屋)】
【居室(短期2人部屋)】

施設配置図

TOPへ戻る