MENU≫|HOME施設紹介入所案内短期入所事業短期入所利用状況
      年間行事ボランティアさん募集苦情解決体制求人情報リンク集


基本理念


基本方針
利用者個人の意向を尊重し、福祉の専門集団として良質なサービスを提供します。
利用者の自立を目指しつつ、安全、安心、快適な生活を支援します。
長年培った事業団経営を生かし、県との連携を密にしながら、効率的で透明性のある自主的経営に当たります。
地域と共生するため、地域に密着したサービスを展開します。


施設の運営方針
はまなし寮は、利用者に対してできる限り居宅に近い環境の中で、利用者の自立と社会活動への参加促進の観点から治療と支援を行います。
また、利用者の意思と人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、施設支援サービスを提供します。


施設の概要
開   所 1996年(平成8年)4月1日
設置主体 社会福祉法人  山梨県社会福祉事業団
経営主体 社会福祉法人  山梨県社会福祉事業団
種   別 障害者支援施設
敷   地 10,186.25u
建   物 鉄筋コンクリート造  平屋建(1,939.37u)
居   室 1人部屋[10室]/2人部屋[20室]
短期入所1人部屋[1室]/2人部屋[2室]
利用定員 入所支援50人/生活介護55人/短期入所(日中一時支援含)5人                      


沿革
平成 8年  4月 1日 開所/事業開始/初代寮長に佐藤源次郎氏就任
平成10年  3月 中型リフトバス購入
 4月 1日 二代寮長に大塚征夫氏就任
平成12年  4月 1日 三代寮長に伊藤知博氏就任
平成13年  7月 施設東側に避難用スロープ設置
平成14年 12月 食堂東側に避難路設置
平成15年  4月 1日 支援費制度導入に伴い、2事業が支援費の指定事業所となる
 4月 1日 四代寮長に鈴木賢浄氏就任
 6月19日 健康増進法に伴い、ふれあいルームに分煙機設置
平成16年  2月 4日 居室でのインターネット接続利用開始
 4月 1日 五代寮長に藤田広輝氏就任
 6月 3日 山梨県禁煙・分煙推進事業における禁煙・分煙認定施設(完全分煙)として認定される
平成17年  4月 1日 山梨県から建物が事業団へ移管(事業団の民営化)
 平成20年  6月 1日 六代寮長に保坂辰男氏就任
平成22年  4月 1日 重症心身障害児(者)通園事業(B型)開始
 4月 1日 富士北麓障害者相談支援事業開始
 6月 1日 七代寮長に原田広幸氏就任
平成24年  4月 1日 障害者支援施設 はまなし寮」に名称変更
平成25年  2月20日 はまなし寮における富士山噴火避難計画策定
 4月 1日 特定相談支援事業所及び障害児相談支援事業所開設
 4月 1日 はまなし寮における富士山噴火避難計画策定                              
 6月 1日 八代寮長に井上央氏就任                               
平成26年  9月30日 富士吉田市と福祉避難所協定を締結
平成27年  9月 1日 富士五湖まちかど救急ステーション標章が交付される
平成28年  6月 1日 食堂及び居室10室にエアコン設置
平成29年  1月29日 機械式介護浴槽更新




施設の特徴
富士北麓の自然に囲まれた森林浴(マイナスイオン効果)が楽しめます
全館床暖房で真冬も寒さ知らずに生活できます
全室南向きで、個室又は2人部屋
協力病院(山梨赤十字病院)が隣で安心


職員構成
 施設長(1)  事務員(1)     支援員(1)   看護職員(4 )
 栄養士(1)  介護職員(31)   嘱託医師(3 )  作業療法士(1)  業務員(2 )
  


施設設備

【食堂】 【ふれあいルーム】

【機能訓練室】

【一般浴槽】 【機械浴槽】 【洗面所】
【トイレ】 【居室(1人部屋)】 【居室(短期2人部屋)】


施設配置図


 



MENU≫|HOME施設紹介入所案内短期入所事業短期入所利用状況
      年間行事ボランティアさん募集苦情解決体制求人情報リンク集